Star fall

2019.03.11

飛び続けている 降りる枝を見失う
泣き叫んでも 積もる雪に溶かされて

凍りついた花に そっと 優しく もう一度
花が芽吹く その時まで

うずくまるほど 悲しみに手を繋がれ
夢の中にいるだけで 止まない雨に濡れている

弾け飛ぶ 彗星の欠片を持つ海は
見えない 一瞬の時間を刻んでいたんだ

君を呼ぶ声は 風の音に邪魔され 届かない
君を呼ぶ声は 夜に紛れて きっと 届かない

だけど

迷い込む度に掴んだ 小さな思いも
この世界全てから消え去っていても

そこには君がいて あの星空は そこにあって
そこには君がいて この星空は ここにある

夜の海に降ってゆく星達が
夜の海を包み込むまで
それが朝となって 陽が包むまで
この星空はここにある

君を呼ぶ声は きっと 届かない

だけど

残された希望の箱も
一枚の写真も
この世界全てから消え去っても
闇に降り注ぐ 星の光を纏って
奇跡と呼ばれる景色を
ただ 見守ろう

見守ろう

Love / peace be with you
posted by 高木フトシ at 13:53 | メッセージを送る