ほいー

尋常では無い爆睡より浮き世に帰還。

新潟、金沢、高崎と。
各地、来場してくれたみんなに。
心からの感謝を。ありがとう。

そして、それぞれの箱スタッフの皆様に。
深い尊敬とお疲れ様を。

そして、Kiyoshiさん、石垣さん、岡部、千太郎、トモナリに。
深い尊敬と感謝とお疲れ様を。

新潟は空回りトラブルも含め、そのひとつひとつが楽しく。笑
二弦チームの「本質」が見え隠れしつつ。それも嬉しい思いとして「本質」。
俺も俺で、早速、新しい機材が大活躍だったんだけど、ひとつ足りない事に気付かされたり。
ツアー慣れしてる人には普通のことなんだろうけど、俺に取っては収穫ありな日だった。
そして、二弦の初日はある意味レアなんだなぁとも思った。
「デラシネの調べ」アルバムを完成させてからのKiyoshiさんは化け物だよ。
順番を間違えない人の強さをまざまざと感じるんだよね。
ひとつ、ひとつ、積み上げていくときの選択と努力。
それを、再会したときに毎回、強く感じる。
あとね、俺の作るコード進行の「罠」に引っかからない、、、。笑
そして、それを見破った瞬間のKiyoshiさんとのアイコンタクトがね、最高だった。
そんな北編初日。
ケンくん夫婦との打ち上げも楽しかった。(ありがとです)

そして、金沢はBARなのに、ライヴハウス?いや、充分ライヴハウスでしょ?ここっていう。笑
機材とか、音とか、照明とか、楽屋とか、トイレの数とか、、笑。
コンパクトに全てがまとまっているという、、、おそるべし、Ashだった。
そんな場所だからかな、Dバージョン「1Q84の月」とKiyoshiさん言ってくれていたけど。
その場で出来うるノイズを集めて挑んでみた。
楽しかったぁ、二弦のセッションの醍醐味が炸裂してた気がする。
そこにPAも照明も交ざり合ってな瞬間。
二弦の理想がそこにあったと思われ。
感無量でした。

打ち上げも全てが美味しく。テンションあがりまくりで。
Ash店長と焼き肉屋さん夫婦と楽しく談義。
んで、翌日移動日に金沢観光。
地蔵菩薩、ハントンオムライス、茶屋街、城跡、現代美術館へ。
二弦の共鳴旅、最高過ぎ。

そして、高崎。
朝にFM群馬さんに出演させて頂き。(公開放送に来てくれたみんなにも感謝)
んで、Kiyoshiさんオススメのラーメン屋へ。
塩あおさラーメン最高で☆めちゃくちゃうまかった。
その後、ホテルにて一休み。

そして、FLEEZ A-sileへ。
着くなり、PA卓に居るのは銀髪のケンさん。
久々の再会、交わす言葉も男同士の気概があり。胸熱く。
こりゃ、今日のライヴは無敵だぞと気合充分。

ほんと、昔からケンさんは、俺のアコシステムを、ほぼ言葉無しで見抜き。
昨日もね、ボディを叩くべくな低音を気持ち良く出してくれて。
二弦の共鳴でやりたいであろうことを察して、音を作ってくれた。

そして、ライヴ中、Kiyoshiさんの「歌」にヤラれまくり。
ギター一本、その表現は誰にも負けない。
そんな言葉も思い出し。

日本一の音だと思える場所で最高の理解者、そのギターとコーラスで「世界の終わりに」。
そりゃ、自分の琴線も崩壊するわけで。
ほんと、昨日のは、一切の邪魔の無い最強のライヴでした。

照明もPAも、店長の心使いも。挨拶で交わす言葉も全部。
FLEEZ大好きであります。

そして、顔見せてくれたササやん家族も。
すげぇ、嬉しかったし、癒されたし。
差し入れも、ありがとうなのでした。

そして、打ち上げはKiyoshiさんが蕎麦屋さんに連れていってくれまして。
蕎麦好きスタッフも大満足な感じで。最高の〆。

二弦の共鳴おそるべし。
天の味方にも心から感謝。

ほんと、見つけてくれて、足を運んでくれるみんなに。
スルメ的な音源が寄り添ってくれるよう、祈るばかり。

みんなありがとう。

Love / peace be with you

写真です。

Image-1-48.jpg

IMG_1049.JPG

IMG_1062.JPG

これ、ポーズじゃなくて、自然とやってたらしい。笑

IMG_1063.JPG

IMG_1065.JPG

たまたま、車の中から見かけて、すげぇ樹だなと思ってたら、千太郎が行っていたという。

IMG_1067.JPG

IMG_1066.JPG

死ぬ程うまかったコーヒー。水の力って凄いね。

IMG_1068.JPG

FM群馬さんにて、内藤さんの人柄に、心からお疲れ様ですと思いながら。
そして、ゴンダタケシがゴンタケさんって呼ばれてた。さすが、地元。

IMG_1069.JPG

最強、塩ラーメン。

IMG_1070.JPG

IMG_1061.JPG

もう、俺はケンさんのファンなのである。

IMG_1071.JPG

次は仙台と福島へ。

旅の途中。

Love / peace be with you
posted by 高木フトシ at 22:39 | メッセージを送る