2011.01.04

痛い話だと。

元旦の昼に起き、長年の夢である元旦初打ちに意気揚々と出掛けたのである。ところが。

駅までの道で、猫にからまれる。足にまとわりついてくるのである。

そして、このドアを開けてくれとゆうのである。

2011010211530000.jpg

なんと、そのドアは夜にGirl's Barとなる店である。

僕は言った。

『悪いけど今はそんな気分じゃないんだ』

猫は言う。

『ちげーよ、中に入れてくれって頼んでる。ドアを開けてくれりゃいい』

僕は写メを撮りながら『じゃな』とその場を立ち去った。

おかしな元旦だった。

俺はよく、猫にからまれる。
posted by 高木フトシ at 01:28 | メッセージを送る
SEND MESSAGE
※送っていただいたメッセージはサイトオーナーのみ閲覧可能です。
 WEB上には公開されません。